未分類

「社会人一年目の新人さんが相談!」日本人と外国人の答え方が全然違った…

 

皆さんは、社会人一年目または入社して一年目の際に、会社の先輩から様々なアドバイスをいただいたり、悩みを解決したりしたことはありませんか?

そこで今回は、転職に悩んでいる人が「日本人の先輩」と「中国人の先輩」の場合、どのようなアドバイスをしてくれるのかを紹介します。

 

ツイートより、

 

 

 

ネットでの反応

 

 いつもはこの類の投稿に「2年は働けとか言っているのはクソ上司、または最悪の場合ブラック企業だから転職したほうがいい」とかリプ欄に溢れてるのにこのツイートだけ「前者もある意味合ってる」「文化の違いでは?」とかが一定数いるのはナゼなのだ?

 真に受けて辞めグセがついたらやばいから我慢する事も大事だと思う。

 正直最低でも2年間ぐらいいるなら、 その2年間を別の事に当てた方が有意義な気がします。日本人パイセンが古い考えの方かと思います。

 どっちが正しいかは分からんが、サラリーマン生活ワイはすっぱり辞めたやで。
ヒト・モノ・カネ全部最悪の店舗抱えてるワイが部内成績1位とか、呆れて物も言えんかったからな。時間の無駄だもん。

 石ころからでも学ぶ気持ちがあれば何気ない日常で成長できる。諸葛亮は日常の農作業の中でも戦術を学べたのだからそんちゃんなら出来るはず。だから場所や環境でなく自身の向き合い方が一番です。

 どっちも正論で、結果が出ないと分からんから自分が何を取捨選択するかが大事よね。っていう話でしょ?

 自分のこと一番知らないのは、自分。

 両方正しい。環境次第。